白洲次郎と日本経済



白洲次郎 車


神戸の芦屋市の出身の白洲次郎は家系からもいいとこの子。学生時代から高級外車を乗り回し、イギリス留学中もベントレーを中心にポルシェ911、ランドローバー、ベンツ、トヨタ・ソアラなど高級車を乗り回していたことから【オイリーボーイ】すなわちガソリンオイルにまみれるほど車が好きと、あだ名まで付いていたほどです。

タグ: 白洲次郎

白洲次郎 神戸


兵庫県は彼の出生の原点と言うべき場所。また、神戸や三宮は彼が開発発展に功績を残したところです。兵庫県の三田市では白洲次郎の祖父が住んでいた武家屋敷跡まで発見され、白洲家を知る貴重な手がかりとなった。白洲家の家系を見ても政治から経済まで広く日本の成長に力を発揮してきたと言えるであろう。また、神戸大丸百貨店や多くの場所で彼と妻の白洲正子の歴史が展示された。


白洲次郎 宝塚歌劇


白洲次郎 宝塚歌劇
彼は政治家としても、また人生の名言をのこしたことでも多くの日本人、いや世界の人々に印象を残した。彼は学生時代に宝塚歌劇のタマゴ、いわゆる学生と付き合っていたと言う話がある。そんな恋愛話もありながら、宝塚歌劇の宙組は彼の波乱の人生を演じた。それがあの「黎明の風」である。白洲次郎はもちろん、マッカーサーや吉田茂の役もタカラジェンヌが的確に演じたのは噂どおりだったのではないでしょうか。白洲次郎を伝える特別番組で多く取り上げられているが、NHKのスペシャルドラマでは俳優・伊勢谷友介が白洲次郎を女優・中谷美紀がの妻の白洲正子を演じ、更に多くの人に彼の歴史を植え付けたでしょう。

白洲次郎 武相荘


太平洋戦争が始まる前に食糧難を考えて、郊外で農業をしようと考えていた白洲次郎と白洲正子。運よく知り合いを通して、約一年越しで見つけることができた。旧白洲邸である武相荘は屋根の葺き替えやメンテナンスによって、今もなお日本家屋の立派さを伝えてくれる貴重な歴史建造物である。現代の経済発展の中で工業化住宅が日本中を埋め尽くしてきたが、地球的環境問題によって日本家屋のすばらしさが、また甦ってくるのではないだろうか。

白洲次郎 伊勢谷友介


全3回で放映されたNHKドラマスペシャル【白洲次郎】妻の白洲正子役には女優の中谷美紀。俳優の伊勢谷友介は次郎を思い出させるだけのイケメンである。日本人でありながらこの時代にジェントルマンと言う言葉がよく似合う伝説の人であった。彼が裕福な家系に生まれながらもその後の人生を山や谷で悩む姿を自分に写しかえる男性は多いのではないでしょうか?それゆえに現代の経済情勢の中でも悩み戦う力になりうるでしょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。