白洲次郎 武相荘


太平洋戦争が始まる前に食糧難を考えて、郊外で農業をしようと考えていた白洲次郎と白洲正子。運よく知り合いを通して、約一年越しで見つけることができた。旧白洲邸である武相荘は屋根の葺き替えやメンテナンスによって、今もなお日本家屋の立派さを伝えてくれる貴重な歴史建造物である。現代の経済発展の中で工業化住宅が日本中を埋め尽くしてきたが、地球的環境問題によって日本家屋のすばらしさが、また甦ってくるのではないだろうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。